伊豆 の 踊子 映画 - 【観た/2020年99本目】映画「カセットテープダイアリーズ」観ました。

映画 伊豆 の 踊子 伊豆の踊子 (1974年の映画)

映画 伊豆 の 踊子 伊豆の踊子

映画 伊豆 の 踊子 伊豆の踊子 (1963年の映画)

映画 伊豆 の 踊子 伊豆の踊子 (1967年の映画)

映画 伊豆 の 踊子 伊豆の踊子(1963) :

映画 伊豆 の 踊子 伊豆の踊子 (1963年の映画)

伊豆の踊子 (1967年の映画)

映画 伊豆 の 踊子 govotebot.rga.com: 伊豆の踊子:

伊豆の踊子(1974) : 作品情報

映画 伊豆 の 踊子 【川端康成】『伊豆の踊子』のあらすじ・内容解説・感想|朗読音声付き|純文学のすゝめ

伊豆の踊子(1954) : 作品情報

映画 伊豆 の 踊子 伊豆の踊子 (1974年の映画)

映画 伊豆 の 踊子 伊豆の踊子(1967) :

伊豆の踊子 (1963年の映画)

だがこの映画の時代に合わない場面場面に現れる昭和歌謡的な音楽が、大正時代の雰囲気を壊していたように思う。

  • 地球と宇宙という壮大な障害の中の恋愛 撮影も挑戦的な試みをしている そして撮影についてですが、ロングショットの多用と、ズームイン、ズームアウト、さらには左右にパン移動するショットが随所に見受けられます。

  • 思いきり手を振る踊子。

伊豆の踊子(’63)の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

川端康成脚本の表現主義作品は衣笠貞之助監督の斬新な実験劇映画〈狂った一頁〉に結実ー。

  • きっと、主人公がいなくなってしまうのは寂しいけど、自分の身分で引き止めるのはおこがましいし……でも別れるのは嫌だし……という風に心の中で悩んだ結果、何も言えなくなってしまったのかなと思います。

  • 二度目の機会では 「踊子が玄関の板敷で踊るのを、私は梯子段の中途に腰を下ろして一心に見ていた」とあるので、そのときの踊り太鼓をたたく姿に惹かれたのでしょう。

伊豆の踊子(1974)のレビュー・感想・評価

黒井和男「興行価値 日本映画 正統派任侠映画が」『キネマ旬報』1975年1月新年特別号、 165頁。

  • 薫も水原に淡い恋心を感じているのか、彼女を好いている湯カ野の温泉旅館の伜順作の、彼女を引き取りたいという申し出も断った。

  • 監督は 西河克己監督 です。

伊豆の踊子〈1974年〉

やがておきみの死を知ることなく湯ケ野を離れた踊子一行は、川島と共に下田へ向かった。

  • 百合子(雇い娘):• かおる(山口百恵) は港で東京へ旅たつ川島(三浦友和) を見送って再会を夢見ていると思います。

  • そもそも前述したような補足資料がないと、十分に理解できないことを承知で書いているふしもあります。

伊豆の踊子(1974) : 作品情報

川崎役を演じた三浦友和はその当時の役柄そのまま、 好青年である川崎を快活に演じ、こちらもはつらつとした イメージをそのままに見事に演じられたようです。

  • 踊り子のことが四六時中気になって仕方ない、高橋秀樹演じる主人公の学生の気持ちに、すっかり同化して見入ってしまいます。

  • そんな旅芸人に興味をもったということは、自分の心が弱っていて、精神的に近くなり、その人たちに共感する感情が湧いてきたからです。

伊豆の踊子(1963) : 作品情報

浮世の汚れを知らぬ踊子には余りにも衝撃的な光景であった。

  • 茶屋の婆さん:• 薫もまた「私」に興味をもったことは確実でしょう。

  • 髪を豊かに誇張して描いた、稗史(中国の歴史小説) 的な娘の絵姿のような感じだった。




2021 govotebot.rga.com