問い の デザイン - 【導入編:1】課題提起

の デザイン 問い 【導入編:1】課題提起

京都大学ELP 問いのデザイン

の デザイン 問い 「問い」をデザイン|社員ブログ|三共精機株式会社

大喜利から学ぶ #問いのデザイン IPPONグランプリのお題の9パターン|安斎勇樹|note

の デザイン 問い 答えのない「問い」は、創造的コミュニケーションを生む触媒【安斎勇樹×前田考歩 後編】

の デザイン 問い 問いのデザイン: 創造的対話のファシリテーション

新刊『問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション』好評発売中!|安斎勇樹|note

の デザイン 問い [参加者募集]対話や学びが深まる「問い」のつくり方講座

の デザイン 問い 新刊『問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション』好評発売中!|安斎勇樹|note

の デザイン 問い 【要約】「働くひとのためのキャリア・デザイン」(金井壽宏・PHP新書)

クリティカル・デザインとはなにか?

の デザイン 問い 「問い」から考える「主体的・対話的で深い学び」|学び!と美術|まなびと|Webマガジン|日本文教出版

の デザイン 問い [参加者募集]対話や学びが深まる「問い」のつくり方講座

の デザイン 問い 新刊『問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション』好評発売中!|安斎勇樹|note

研修のファシリテーションにおける問いかけの技法について理論・事例・エクササイズ・実験的演習を通して探求する 〜ワークショップデザイン論の研究と実践の蓄積を背景に〜

しかし、多くの企業では『問い』の設定がしっかりできていないのです」 前出の製薬会社も、自動車メーカーも、長年同じ事業を続けてきたからこその強い固定概念が、新たなアイデアの妨げになっているとわかる。

  • 時代遅れの法規制をアップデートするために。

  • 問いは誰もが持っています。

そのズレが問題だ。「問いのデザイン」があぶり出す、議論における勘違い

ファシリテーションにおける問いのデザイン I プログラムデザインにおける問いのデザイン 1. アールブリュットを問う~滋賀県立膳所高等学校の実践 具体例として、滋賀県立膳所高等学校教諭の山崎仁嗣先生が実践したアール・ブリュットの学習を検討します。

  • なぜならば、企業・地域・学校における複雑な問題状況の本質を見抜き、 「本当に解くべき課題」を正しく定義できなければ、その後、どんなにワークショップデザインやファシリテーションの工夫を重ねても、根本的に解決の方向性がずれてしまい、関係者に 「創造的な対話」は生まれないからです。

  • そこでの「問い」は、試験=正解がわかっているものを確認する過程でした。

「探究学習」における「問い」のつくり方。-高等学校における事例DNA

問いとは何か 問いの基本性質を探る 問いかけによって刺激される思考と感情 1. 例えば、製薬会社など、長く同じ製品をつくっているところなどは、いきなり『新しいことをやれ』と言われても、既存概念が固まっていたりしてすぐにアイデアを出すのは難しい。

  • イメージとしては、階段的と梯子的な違いがあります。

  • ~さんにとって良い営業研修ってなんですか?• 社会起業やNPOなどで社会に役立つ仕事をするため、本質的な課題を見出す力がほしい• はじめに 2. 問いの評価方法 ワークショップにおける良い問いとは何か 問いの「深さ」を設定する 問いを因数分解する アイスブレイクこそ問いが肝心 5章 ファシリテーションの技法 5. 値段も文章の量も、ちょっと頑張らないとって感じではありますが、もう一回読み直そうと決めた本です。

新刊『問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション』好評発売中!|安斎勇樹|note

自分もああなりたいものです。

  • ワークショップにおいては、「問い」が重要です。

  • それでは一体、「問い」とは何なのでしょうか? 「地球温暖化について」は、疑問形ではないので「問い」とはいえません。

看護研究とは?

しかし、より洗練された理解であれば、「社会は様々な政治的・経済的・文化的要因が複雑に影響し合って変化する」ことを踏まえた内容になるだろう。

  • 入手できないこともございます。

  • その後、講師の方々のティーチング・クエスチョンの例、工夫、使い分け、難しさなどをグループで共有しました。

【1枚でわからない!?】『問いのデザイン』安斎 勇樹、塩瀬 隆之

たとえばサッカーに興味をもっている生徒がいるとします。

  • 目標のリフレーミング STEP3:阻害要因の検討 STEP4:目標の再設定 3. これから出る本をさがす• 問う力は他の誰かと対話してこそ深まります。

  • 今は、セルフマネジメント、ロジカル思考、システム思考、デザイン思考あたりの知見を活用して、ビジネスパーソン全般に向けた「問いを持つ力向上研修」みたいなコンテンツが創れないか、という妄想をしています(笑) 大変勉強になりました。

新刊『問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション』好評発売中!|安斎勇樹|note

新著を出すなら、今じゃないほうがよいだろう。

  • 今回は「ファシリテーションにおける問いのデザイン」に焦点をあて、グループワークを重ねながら体感して学ぶことができました。

  • まちづくり、地域包括ケアなど、多様な人が参加する場の運営力を高めたい• 博士 学際情報学。

「問い」から考える「主体的・対話的で深い学び」|学び!と美術|まなびと|Webマガジン|日本文教出版

創造の問い、追求の問い 問いには、大きく二つあると小島講師は説明しました。

  • 商品開発・組織変革・学校教育・地域活性の現場を変える戦略&スキル。

  • 体験とそれに基づく仮説を組み合わせ、コミュニケーションを繰り返すことで発想力を引き出し、解決策を生み出す手法であり、体系化された確固たるプロセスがありません。




2021 govotebot.rga.com