閉会 中 審査 - 国会議員は閉会中何をしているのか――閉会中審査から国政報告まで大忙し

審査 閉会 中 【閉会中審査】崩れた「加計ありき」 揺れる前川喜平前次官証言、論拠示せず

臨時国会引き続き要求/与野党 閉会中審査実施で合意

審査 閉会 中 緊張感ゼロの閉会中審査 居眠り、携帯通話で途中退席、代返も(2020年8月27日)|BIGLOBEニュース

審査 閉会 中 臨時国会引き続き要求/与野党 閉会中審査実施で合意

与党、臨時国会の早期召集に慎重姿勢 閉会中審査への首相出席も 大島衆院議長も対応促す

審査 閉会 中 閉会中審査に関するトピックス:朝日新聞デジタル

審査 閉会 中 閉会中審査への対応に思う、国会(野党)議員の責任放棄と勘違い: 美しい日本

閉会中審査に関するトピックス:朝日新聞デジタル

審査 閉会 中 社説:国会の閉会中審査 「首相隠し」は許されない

閉会中審査に関するトピックス:朝日新聞デジタル

審査 閉会 中 緊張感ゼロの閉会中審査 居眠り、携帯通話で途中退席、代返も(NEWS

審査 閉会 中 コロナ対応 閉会中審査で

審査 閉会 中 臨時国会引き続き要求/与野党 閉会中審査実施で合意

臨時国会引き続き要求/与野党 閉会中審査実施で合意

審査 閉会 中 国会に出たがらない「総理大臣の名前」

会期延長、与党拒否 閉会中審査週1回で合意 多くの謎、解明しないまま通常国会閉会

国民のニーズや期待に応えるため、公明党のネットワークの力を存分に生かしていく」と語った。

  • その追及に橋本副大臣が小声で「週刊誌の記事の個別の事案についてはご回答いたしかねます」と答えると場内で静かな笑いが起こった。

  • 代わりに新型コロナ対策に関連する衆参委員会の閉会中審査を、週1回ペースで開催することで与野党が合意した。

参院予算委閉会中審査 NHK総合【ニュース「閉会中審査・参議院予算委員会質疑」】|JCCテレビすべて

更には国会議員の資格審査も必要でしょう。

  • 「失笑ポエム」とか言われて、ああムズがゆ……。

  • 関連項目 [ ]• 議案件名 国会回次 日付 議院 摘要 食糧確保臨時措置法の一部を改正する法律案 (第5回国会閣法第73号) 第5回・特 1949年5月23日 参議院 農林委員会で修正議決 1949年5月28日 本会議で委員長報告のとおり修正議決、衆議院へ送付 1949年5月31日 衆議院 閉会中審査を決定 第6回・臨 1949年11月28日 農林委員会で可決 1949年11月30日 本会議で委員長報告のとおり可決、参議院へ送付 1949年12月3日 参議院 農林委員会で審査未了、廃案 漁業法及び水産庁設置法の一部を改正する 法律案(第7回国会参法第5号) 第7回・常 1950年4月19日 参議院 水産委員会で可決 1950年4月21日 本会議で委員長報告のとおり可決、衆議院へ送付 1950年5月2日 衆議院 閉会中審査を決定 第8回・臨 1950年7月22日 水産委員会で修正議決 1950年7月25日 本会議で委員長報告のとおり修正議決、参議院へ送付 1950年7月31日 参議院 水産委員会で審査未了、廃案 競馬法の一部を改正する法律案 (第8回国会衆法第10号) 第8回・臨 1950年7月28日 衆議院 農林委員会で可決 1950年7月29日 本会議で委員長報告のとおり可決、参議院へ送付 1950年7月31日 参議院 閉会中審査を決定 第9回・臨 1950年12月7日 農林委員会で可決 1950年12月8日 本会議で委員長報告のとおり可決、衆議院へ送付 衆議院 農林委員会で可決 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 協同組合による金融事業に関する法律の一部を 改正する法律案(第8回国会衆法第12号) 第8回・臨 1950年7月31日 衆議院 大蔵委員会で修正議決 本会議で委員長報告のとおり修正議決、参議院へ送付 参議院 閉会中審査を決定 第9回・臨 1950年12月7日 大蔵委員会で可決 1950年12月8日 本会議で委員長報告のとおり可決、衆議院へ送付 衆議院 大蔵委員会で可決 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 会社更生法案(第10回国会閣法第139号) 破産法及び和議法の一部を改正する法律案 (第10回国会閣法第141号) 第10回・常 1951年6月5日 衆議院 閉会中審査を決定 第11回・臨 1951年8月18日 閉会中審査を決定 第12回・臨 1951年11月9日 法務委員会で修正議決(前案)及び可決(後案) 1951年11月10日 本会議で委員長報告のとおり修正議決及び可決、参議院へ送付 1951年11月30日 参議院 閉会中審査を決定 第13回・常 1952年5月16日 法務委員会で修正議決(個別採決) 1952年5月19日 本会議で委員長報告のとおり修正議決(一括)、衆議院へ送付 1952年5月28日 衆議院 法務委員会で可決(個別採決) 1952年5月29日 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 租税特別措置法の一部を改正する法律案 (第10回国会閣法第160号) 第10回・常 1951年5月26日 衆議院 大蔵委員会で可決 1951年5月27日 本会議で委員長報告のとおり可決、参議院へ送付 1951年6月5日 参議院 閉会中審査を決定 第11回・臨 1951年8月18日 閉会中審査を決定 第12回・臨 1951年11月20日 大蔵委員会で可決 1951年11月21日 本会議で委員長報告のとおり可決、衆議院へ送付 1951年11月22日 衆議院 大蔵委員会で可決 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 財政法、会計法等の財政関係法律の一部を改正 する等の法律案(第12回国会閣法第53号) 第12回・臨 1951年11月27日 衆議院 大蔵委員会で可決 本会議で委員長報告のとおり可決、参議院へ送付 1951年11月30日 参議院 閉会中審査を決定 第13回・常 1952年2月13日 大蔵委員会で修正議決 1952年2月18日 本会議で委員長報告のとおり修正議決、衆議院へ送付 1952年2月21日 衆議院 大蔵委員会で可決 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 日本国有鉄道法の一部を改正する法律案 (第16回国会参法第7号) 第16回・特 1953年7月30日 参議院 運輸委員会で修正議決 本会議で委員長報告のとおり修正議決、衆議院へ送付 1953年8月10日 衆議院 閉会中審査を決定 第17回・臨 1953年11月7日 閉会中審査を決定 第18回・臨 1953年12月8日 閉会中審査を決定 第19回・常 1954年6月3日 閉会中審査を決定 第20回・臨 1954年12月3日 運輸委員会で可決 本会議で委員長報告のとおり可決、参議院へ送付 1954年12月6日 参議院 運輸委員会で可決 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 昭和二十九年四月及び五月における凍霜害等の 被害農家に対する資金の融通に関する特別措置 法の一部を改正する法律案 (第19回国会衆法第51号) 第19回・常 1954年6月10日 衆議院 農林委員会で可決 1954年6月11日 本会議で委員長報告のとおり可決、参議院へ送付 1954年6月15日 参議院 閉会中審査を決定 第20回・臨 1954年12月1日 農林委員会で修正議決 1954年12月2日 本会議で委員長報告のとおり修正議決、衆議院へ送付 1954年12月3日 衆議院 農林委員会で可決 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 国土開発縦貫自動車道建設法案 (第22回国会衆法第26号) 第22回・特 1955年7月28日 衆議院 建設委員会で可決(附帯決議あり) 本会議で委員長報告のとおり可決、参議院へ送付 1955年7月30日 参議院 閉会中審査を決定 第23回・臨 1955年12月16日 閉会中審査を決定 第24回・常 1956年4月19日 建設委員会で修正議決(附帯決議あり) 本会議で委員長報告のとおり修正議決、衆議院へ送付 1956年6月2日 衆議院 閉会中審査を決定 第25回・臨 1956年12月13日 閉会中審査を決定 第26回・常 1957年2月27日 建設委員会で修正議決 1957年3月5日 本会議で委員長報告のとおり修正議決、参議院へ送付 1957年3月28日 参議院 建設委員会で可決 1957年3月29日 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 砂利採取法案(第22回国会衆法第43号) 第22回・特 1955年7月12日 衆議院 商工委員会で可決 本会議で委員長報告のとおり可決、参議院へ送付 1955年7月30日 参議院 閉会中審査を決定 第23回・臨 1955年12月16日 閉会中審査を決定 第24回・常 1956年2月9日 商工委員会で修正議決(附帯決議あり) 1956年2月10日 本会議で委員長報告のとおり修正議決、衆議院へ送付 1956年2月14日 衆議院 商工委員会で可決 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 日本電信電話公社法の一部を改正する法律案 (第22回国会衆法第46号) 第22回・特 1955年7月11日 衆議院 逓信委員会において同委員長提出法案として議決 1955年7月12日 本会議で委員長報告のとおり可決、参議院へ送付 1955年7月30日 参議院 閉会中審査を決定 第23回・臨 1955年12月16日 閉会中審査を決定 第24回・常 1956年3月27日 逓信委員会で修正議決 1956年3月28日 本会議で委員長報告のとおり修正議決、衆議院へ送付 衆議院 逓信委員会で可決 1956年3月29日 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 接収不動産に関する借地借家臨時処理法案 (第22回国会衆法第54号) 第22回・特 1955年7月27日 衆議院 法務委員会で可決 本会議で委員長報告のとおり可決、参議院へ送付 1955年7月30日 参議院 閉会中審査を決定 第23回・臨 1955年12月16日 閉会中審査を決定 第24回・常 1956年5月17日 法務委員会で修正議決 1956年5月18日 本会議で委員長報告のとおり修正議決、衆議院へ送付 1956年5月30日 衆議院 法務委員会で可決 1956年5月31日 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 社会福祉事業等の施設に関する措置法案 (第22回国会参法第21号) 第22回・特 1955年7月30日 参議院 閉会中審査を決定 第23回・臨 1955年12月16日 閉会中審査を決定 第24回・常 1956年6月3日 閉会中審査を決定 第25回・臨 1956年12月13日 閉会中審査を決定 第26回・常 1957年4月6日 社会労働委員会で可決 1957年4月8日 本会議で委員長報告のとおり可決、衆議院へ送付 1957年5月18日 衆議院 閉会中審査を決定 第27回・臨 1957年11月13日 閉会中審査を決定 第28回・常 1958年4月18日 大蔵委員会で可決 1958年4月22日 本会議で委員長報告のとおり可決、参議院へ送付 1958年4月25日 参議院 社会労働委員会で可決 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 地方財政再建促進特別措置法案 (第22回国会閣法第115号) 第22回・特 1955年7月23日 衆議院 地方行政委員会で修正議決 1955年7月25日 本会議で委員長報告のとおり修正議決、参議院へ送付 1955年7月30日 参議院 閉会中審査を決定 第23回・臨 1955年12月15日 地方行政委員会で可決(附帯決議あり) 本会議で委員長報告のとおり可決、衆議院へ送付 1955年12月16日 衆議院 地方行政委員会で可決 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 公職選挙法の一部を改正する法律案 (第23回国会参法第1号) 第23回・臨 1955年12月8日 参議院 地方行政委員会で同委員長提出法案として議決 1955年12月14日 本会議で委員長報告のとおり可決、衆議院へ送付 1955年12月16日 衆議院 閉会中審査を決定 第24回・常 1956年2月27日 公職選挙法改正に関する調査特別委員会で修正議決 1956年3月1日 本会議で委員長報告のとおり修正議決、参議院へ送付 1956年3月13日 参議院 地方行政委員会で可決 1956年3月14日 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 寄生虫病予防法の一部を改正する法律案 (第24回国会衆法第32号) 寄生虫病予防法の一部を改正する法律案 (第24回国会衆法第49号) 第24回・常 1956年5月18日 衆議院 社会労働委員会で2案併合修正議決(衆法第49号を存続) 1956年5月22日 本会議で委員長報告のとおり修正議決、参議院へ送付 1956年6月3日 参議院 閉会中審査を決定 第25回・臨 1956年11月22日 社会労働委員会で可決 1956年11月26日 本会議で委員長報告のとおり可決、衆議院へ送付 1956年11月28日 衆議院 社会労働委員会で可決 1956年11月29日 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 身体障害者福祉法等の一部を改正する法律案 (第24回国会閣法第115号) 性病予防法等の一部を改正する法律案 (第24回国会閣法第116号) 第24回・常 1956年4月28日 衆議院 社会労働委員会で可決(前案)及び修正議決(後案) 1951年5月2日 本会議で委員長報告のとおり可決及び修正議決、参議院へ送付 1951年6月3日 参議院 閉会中審査を決定 第25回・臨 1951年11月22日 社会労働委員会で可決 1951年11月26日 本会議で委員長報告のとおり可決、衆議院へ送付 1956年11月28日 衆議院 社会労働委員会で可決 1956年11月29日 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 入場税法の一部を改正する法律案 (第26回国会衆法第20号) 第26回・常 1957年3月28日 衆議院 大蔵委員会で同委員長提出法案として議決 1957年3月29日 本会議で委員長報告のとおり可決、参議院へ送付 1957年5月18日 参議院 閉会中審査を決定 第27回・臨 1957年11月14日 閉会中審査を決定 第28回・常 1958年3月31日 大蔵委員会で修正議決(附帯決議あり) 本会議で委員長報告のとおり修正議決、衆議院へ送付 1958年4月18日 衆議院 大蔵委員会で可決 1958年4月22日 本会議で委員長報告のとおり可決、成立 中小企業団体法案(第26回国会閣法第130号) 中小企業団体法の施行に伴う関係法律の整理等 に関する法律案(第26回国会閣法第152号) 中小企業等協同組合法の一部を改正する法律案 (第26回国会衆法第36号) 第26回・常 1957年5月7日 衆議院 閣法2案を商工委員会で修正議決(個別採決。

閉会中審査に消極的な自民 首相体調も影響?合流理由に:朝日新聞デジタル

8月19日、衆議院分館第16委員会室。

  • なぜこれまでに政策提言や代案提出という自己の責任を果たそうとせず、政府の施策や関係閣僚答弁、又与党議員のスキャンダル追及に現(うつつ)を抜かしつづけるのでしょう。

  • 立憲は、何でこんな馬鹿に質問させるんだろ。

自民・立民 閉会中審査で合意 安倍首相出席は継続協議

即刻辞職して税金返せ ボケ• 立憲民主党・安住国対委員長「人任せ、担当大臣任せで乗り切れる状況ではない、今のコロナの危機は。

  • 第28回国会までは懲罰事犯の件が第68条の適用を受けるかどうか解釈の争いがあったが、第29回国会召集時に関連条項を整備する改正法が施行された。

  • ならば「対応は与党に任せる」と逃げずに、自ら出席すると伝えれば済むではないか。

閉会中審査への対応に思う、国会(野党)議員の責任放棄と勘違い: 美しい日本

相手のミサイル基地を先にたたく「敵基地攻撃能力」のも検討事案に挙げている。

  • のでは、首相に責任があるとの回答が75%を超えた。

  • ところが富田茂之委員長(公明)が「今回はコロナ対策の委員会としてセットされた」と質問自体に疑義をはさんで審議が再三止まる場面があった。

緊張感ゼロの閉会中審査 居眠り、携帯通話で途中退席、代返も(2020年8月27日)|BIGLOBEニュース

中身のないしょうもない質問しかしてないくせにやれ「国会を開け」とか要求してて、聞いてて腹が立ってくる。

  • 継続審査とは 「会期不継続の原則」の例外として、委員会は、各議院の議決により特に付託された案件については閉会中も審査することができ(国会法第47条第2項)、閉会中審査した議案及び懲罰事犯の件(以下「議案等」という。

  • 国会内で会談に臨む自民党の二階幹事長(右)と立憲民主党の福山幹事長=17日午後 第201通常国会は17日、会期末を迎えた。




2021 govotebot.rga.com