高架 線 歌詞 - 高架線/ガガガSPの歌詞

歌詞 高架 線 ELLEGARDEN 高架線

ELLEGARDEN 高架線 歌詞

歌詞 高架 線 高架線 /

高架線 ELLEGARDEN 歌詞情報

歌詞 高架 線 ”高架線” by

歌詞 高架 線 高架線 /

歌詞 高架 線 高架線/ガガガSPの歌詞

歌詞 高架 線 高架線(ELLEGARDEN)の歌詞に登場する「Laura」って誰!?真相を徹底解剖!歌詞あり♪

歌詞 高架 線 【和訳】高架線 /

歌詞 高架 線 高架線 ELLEGARDEN

ELLEGARDEN 高架線 歌詞&動画視聴

歌詞 高架 線 高架線 :

高架線 ELLEGARDEN 歌詞情報

歌詞 高架 線 高架線 ガガガSP

ELLEGARDEN 高架線 歌詞&動画視聴

ELLEGARDENの「高架線」について

僕は男なんで解釈が少し違います 自分のやりたいことと彼女を秤にかけて、自分の価値観ではやりたいことしかとれない つまり、やりたいことのために彼女は捨てなくてはならない しかたないとは思っているけど、どうしても考えてしまう 自分の価値観を揺るがしてくれるような人と恋に落ちたいよ つまりやりたいことを捨ててでも一緒にいたくなる彼女 最後のHer name is Lauraで悩みました もしかしたら捨てたのもLaura、待っているのもLaura サビはLauraに価値観を揺るがしてほしいという意味なのかもしれないです だからLauraに変わってほしいという意味だと思っています やっぱり細美さんも言っていたけど人それぞれですね 考え方を変えただけでまったく違う聴こえ方になるからすごいですよね. 作詞:TAKESHI HOSOMI 作曲:TAKESHI HOSOMI ほんの少し前に 手に入れたような未来を 思い出と一緒に 丸めて投げ捨てた まだ先は長いよ 荷物はもういいよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる ゆっくりと傾く 足元に気をつけて 思うよりあなたは ずっと強いからね 耳鳴りがやまないな 君の声がまだ聞こえるよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる 何億年も前に つけた傷跡なら残って 消えなくてもいいさ 痛みはもうないからね 血のにじんだ足跡 置いていかれた記憶も 誰にだってあるだろ 隠すつもりもないけど I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる Her name is Laura honno suko si mae ni te ni hai re ta you na mirai wo omo i de to issyo ni maru me te na ge su te ta mada saki ha naga i yo nimotu ha mou ii yo I am dreaming of a girl rocked my world nanboku he tuzu ku koukasen kono saki ni ha kitto aru to sasayai teru yukkuri to katamu ku asimoto ni ki wo tuke te omo u yori anata ha zutto tuyo i kara ne mimina ri ga yama nai na kimi no koe ga mada ki koeru yo I am dreaming of a girl rocked my world nanboku he tuzu ku koukasen kono saki ni ha kitto aru to sasayai teru nani oku nen mo mae ni tuke ta kizuato nara noko xtu te ki e naku te mo ii sa ita mi ha mou nai kara ne ti no nizin da asiato o i te ika re ta kioku mo dare ni datte aru daro kaku su tumori mo nai kedo I am dreaming of a girl rocked my world nanboku he tuzu ku koukasen kono saki ni ha kitto aru to sasayai teru Her name is Laura. 「ささやいてる」という言葉は、「女の子」らしさを出しているのでしょうが、この曲にまだまだ先は長い、こんなところで止まるわけにはいかないと思い知らされたというように取れますね。

  • そんな姿を見て、自分の今の音楽はゴールではなく、どこまでも続く「高架線」のように「この先にはきっとある」と感じたのでしょうか。

  • ガガガSPさん『高架線』の歌詞 コウカセン words by ヤマモトサトシコザックマエダ music by ヤマモトサトシ Performed by ガガガスペシャル. ほんの少し前に 手に入れたような未来を 思い出と一緒に 丸めて投げ捨てた まだ先は長いよ 荷物はもういいよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあると ささやいてる ゆっくりと傾く 足元に気つけて 思うよりあなたは ずっと強いからね 耳鳴りがやまないな 君の声がまだ聞こえるよ 何億年も前に つけた傷跡なら残って 消えなくてもいいさ 痛みはもうないからね 血のにじんだ足跡 置いていかれた記憶も 誰にだってあるだろ 隠すつもりもないけど I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあると ささやいてる Her name is Laura Powered by この曲を購入する. 按照慣例,看完紅白之後發歌詞文 這一年來J-POP聽比較少,聽K-POP居多,所以幾乎不知道有誰出新歌,更遑論聽過那些歌 所以年末的紅白歌合戰我都當作新歌大會 從2007年開始看紅白,個人覺得2016的超弱! 現場沒幾個能聽,好多放送事故,我跟家人一起看..... 歌: 作詞:細美武士 作曲:細美武士 ほんの少し前に 手に入れたような未来を 思い出と一緒に 丸めて投げ捨てた まだ先は長いよ 荷物はもういいよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあると ささやいてる ゆっくりと傾く 足元に気つけて 思うよりあなたは ずっと強いからね 耳鳴りがやまないな 君の声がまだ聞こえるよ 何億年も前に つけた傷跡なら残って 消えなくてもいいさ 痛みはもうないからね 血のにじんだ足跡 置いていかれた記憶も 誰にだってあるだろ 隠すつもりもないけど I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあると ささやいてる Her name is Laura. 歌手: 作詞: 作曲: ほんの少し前に 手に入れたような未来を 思い出と一緒に 丸めて投げ捨てた まだ先は長いよ 荷物はもういいよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる ゆっくりと傾く 足元に気をつけて 思うよりあなたは ずっと強いからね 耳鳴りがやまないな 君の声がまだ聞こえるよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる 何億年も前に つけた傷跡なら残って 消えなくてもいいさ 痛みはもうないからね 血のにじんだ足跡 置いていかれた記憶も 誰にだってあるだろ 隠すつもりもないけど I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる Her name is Laura. 変わってゆくものと決して変わる事のないもの そこに行くまでの高架沿いを最近は歩いたかな 必ずあるものが無くなってしまうと 心の柱を無くしたようで逆に涙も出やしない ガード下を 東へトボトボと歩けば この僕の全てを作った場所にふと来ていた 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 当たり前の日々を忘れさせる そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎて行くのさ あの頃と同じ様に 変わってゆくものと普遍を感じさせるものが 僕はどちらを選んでいいのか ホントに分からない 思い描いていた 理想の将来は 今じゃ遠い昔の事だと途方に暮れている クソ安い居酒屋で いつも夜が明けるまで 夢にだまされた奴らとよくバカをしたものです 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 見慣れた町並みの中にあった そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎる度に 行く先を示してくれた 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 当たり前の日々を輝かしてくれる そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎて行ったのさ これまでの僕の上を そしてこれからも そしてこれからも 高架線の列車の音を 聞きながら僕は歌っていくのさ もはやそれは変わりはしない 場所を変えども 歳は喰えども 高架線の列車の音と 共にこれからも歩んでいくだろう 我が地元神戸の街で. ほんの少し前に 手に入れたような未来を 思い出と一緒に 丸めて投げ捨てた まだ先は長いよ 荷物はもういいよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる ゆっくりと傾く 足元に気をつけて 思うよりあなたは ずっと強いからね 耳鳴りがやまないな 君の声がまだ聞こえるよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる 何億年も前に つけた傷跡なら残って 消えなくてもいいさ 痛みはもうないからね 血のにじんだ足跡 置いていかれた記憶も 誰にだってあるだろ 隠すつもりもないけど I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる Her name is Laura. また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。

高架線 ELLEGARDEN 歌詞情報

「耳鳴りがやまないな君の声がまだ聞こえるよ」という歌詞も、「君の声」ということで、女の子のことを歌っているように見せながら、「Seven Days In The Sun」 がリリースされてから5年経った今でも、まだその曲が聴こえるようだといっているのかもしれません。

  • 第一次看她就幾乎是最後一次了,可惜啊。

  • イントロ --5- ---- ---- ---- --4- ---- ---- ---- -10- ---- ---- ---- -14- -18- ---- -18- ---- ---- ---- --9- ---- ---- -11- -14- -15- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- -16- -15- ---- ---- -18- ---- -14- -14- ---- ---- -11- -11- ---- ---- ---- --9- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- -16- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --8- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --9- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --1- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- --8- ---- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -21- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -10- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --1- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --8- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- --9- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --1- ---- ---- --2- ---- ---- ---- ---- -10- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -20- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -21- -23- -18- ---- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- --4- ---- ---- ---- ---- ---- --6- --8- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --4- ---- --3- ---- ---- --2- ---- ---- ---- ---- ---- --9- ---- -17- ---- ---- -13- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- -12- ---- ---- ---- ---- --9- ---- ---- ---- --7- ---- --8- ---- ---- ---- -13- -13- ---- -16- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- --4- ---- --1- ---- ---- ---- ---- ---- -19- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -19- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- --4- --5- ---- ---- ---- ---- --4- ---- ---- -11- ---- ---- --8- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -10- ---- ---- ---- -15- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --8- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -23- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --4- ---- --5- ---- ---- ---- -16- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- --8- ---- ---- ---- ---- --9- ---- ---- ---- -12- ---- --9- ---- ---- -20- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- -10- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --8- ---- ---- ---- --1- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- -14- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -15- -11- ---- ---- ---- ---- ---- -20- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --4- --4- --8- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -19- ---- ---- ---- ---- --9- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --4- ---- -18- -22- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -10- ---- --6- --5- ---- --6- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- -12- -16- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --8- --7- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- -11- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- --1- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- --6- ---- --5- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- -11- ---- --8- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- ---- --5- --3- ---- --6- ---- ---- ---- -17- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- --3- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --4- --1- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- -11- ---- ---- -11- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- ---- --1- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- -12- -12- -11- -14- ---- -16- ---- ---- ---- --4- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- -18- ---- ---- ---- ---- Aメロ ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- --2- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- -13- -16- -15- -17- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- --3- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- -11- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --3- --5- ---- ---- --2- ---- --7- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- ---- --8- ---- --7- ---- ---- --6- ---- ---- ---- -20- -19- ---- ---- ---- ---- ---- --4- ---- --8- ---- ---- --2- ---- ---- ---- -10- ---- ---- ---- ---- --9- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- --5- ---- ---- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- --8- ---- --5- --9- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -23- -19- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- --5- ---- --8- ---- ---- ---- -11- ---- -15- ---- ---- ---- -11- -10- ---- --7- ---- ---- ---- ---- ---- -13- -13- ---- ---- ---- -18- -13- ---- -10- ---- --8- -10- -12- --9- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- --4- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -20- ---- -15- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -23- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- --4- --1- ---- ---- ---- ---- -21- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- -10- ---- ---- ---- -12- ---- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- -13- -12- -11- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- -10- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -21- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- ---- -13- ---- ---- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --9- ---- -10- ---- ---- ---- ---- --3- ---- ---- -12- ---- ---- --8- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- --4- ---- ---- --7- ---- --4- -18- ---- ---- ---- ---- -16- ---- ---- ---- ---- -10- ---- ---- -16- ---- -19- ---- -21- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- -18- ---- ---- ---- ---- -22- ---- ---- -22- -22- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- -20- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --1- ---- ---- ---- ---- -11- ---- --8- -11- --9- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- --3- ---- --4- --5- ---- ---- --4- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- -11- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- -13- ---- ---- ---- ---- -17- ---- -16- ---- ---- ---- -14- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- --9- -12- ---- ---- -16- ---- ---- ---- ---- ---- -16- ---- ---- ---- ---- -20- ---- ---- ---- ---- -10- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- ---- -10- ---- ---- ---- ---- ---- --6- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- ---- ---- ---- --2- ---- ---- ---- ---- -14- ---- -16- ---- ---- ---- ---- ---- --3- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- --8- ---- ---- ---- ---- --8- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --8- -10- ---- --3- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- ---- -15- -14- ---- ---- ---- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- -18- ---- ---- ---- ---- -19- -13- ---- ---- -16- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- -19- -20- ---- -21- ---- -17- -21- ---- ---- -14- ---- ---- ---- --7- --6- --8- ---- ---- ---- --6- --2- --6- --6- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- -10- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -10- -11- ---- -18- ---- -19- -15- ---- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- -13- -10- -12- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --8- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -10- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- --2- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- -12- ---- ---- ---- ---- -15- ---- -14- ---- -15- ---- ---- -18- -13- ---- -15- ---- ---- ---- Bメロ --7- ---- ---- --6- ---- ---- --7- ---- ---- ---- -12- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- -10- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -10- -11- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -21- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -19- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -10- ---- -13- -15- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- -10- ---- ---- --8- -10- --7- -10- --7- ---- --7- ---- ---- ---- -16- ---- -18- -16- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- --7- ---- -10- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- -20- ---- -19- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- -17- -18- ---- --5- ---- ---- ---- --5- ---- -18- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- -16- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- -14- -10- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- --4- ---- --5- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- -16- -11- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- -18- -16- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- --1- --1- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -17- -16- --9- ---- ---- ---- ---- --9- -13- ---- ---- -14- -14- ---- ---- --6- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --8- ---- --8- ---- ---- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- -12- ---- ---- ---- ---- -10- --8- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- -15- -13- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- -19- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- ---- -21- ---- -20- ---- ---- -20- ---- ---- -14- ---- -12- ---- ---- ---- -17- -16- ---- ---- ---- -15- --7- ---- ---- ---- ---- ---- --3- ---- ---- ---- ---- --6- ---- -11- -10- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- --7- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- ---- -11- Cメロ ---- ---- --8- -11- -13- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- --7- ---- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -22- -20- -19- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- --6- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --9- --9- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- --5- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- -11- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -19- -19- ---- -21- -21- -20- -19- ---- -17- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --9- --9- -17- ---- ---- ---- -17- ---- --4- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- --9- ---- -12- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- --5- --4- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --1- --1- ---- ---- ---- --1- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- --7- -10- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- --7- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- -16- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- --5- ---- --6- ---- ---- ---- --9- ---- ---- ---- ---- ---- -13- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- --8- ---- ---- -10- ---- --5- ---- ---- ---- -19- ---- ---- --7- --4- ---- --3- --7- ---- ---- -18- ---- ---- ---- -23- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --8- ---- -19- ---- -20- ---- ---- -10- -11- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -23- ---- ---- ---- -20- -21- ---- ---- ---- ---- -23- ---- --5- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- ---- -19- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- -19- -20- ---- ---- -13- -14- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- -17- ---- -16- ---- ---- -14- ---- -18- ---- ---- --4- --1- --3- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -10- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- ---- --7- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --9- ---- ---- -10- ---- ---- -16- -11- ---- ---- ---- ---- -22- ---- ---- ---- -21- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- ---- -17- ---- ---- -17- ---- ---- -13- --8- ---- --9- ---- ---- -11- ---- -12- ---- ---- ---- ---- ---- -19- ---- ---- ---- ---- ---- --3- ---- ---- ---- --9- --9- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- -17- ---- --9- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- サビ ---- ---- ---- ---- -20- ---- --6- --4- ---- --5- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -23- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- --1- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- -10- ---- ---- --5- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- -19- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- -14- ---- ---- -14- ---- ---- -15- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -10- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -21- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- --6- ---- -18- ---- -19- -18- ---- ---- --5- --1- --0- ---- ---- ---- -12- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -19- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --1- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -20- ---- ---- -18- ---- -15- ---- ---- -19- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- -10- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- --3- ---- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- -11- ---- -12- --4- ---- ---- ---- --8- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -17- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- --9- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- --9- ---- ---- -12- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -19- -20- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- --5- ---- ---- --7- ---- ---- ---- --8- ---- ---- --7- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- ---- --1- --6- --4- ---- ---- -14- ---- -15- ---- ---- -22- ---- ---- ---- -23- -15- -19- ---- ---- -17- ---- ---- -17- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -21- ---- --7- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- -13- -14- ---- -16- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- -17- ---- -17- -15- ---- -19- -19- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- --3- --6- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --4- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -21- ---- ---- ---- ---- ---- -14- -15- ---- -15- -18- ---- ---- ---- --8- --8- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -10- ---- -11- -17- ---- -20- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --8- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --3- --1- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- -14- ---- --3- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- --9- ---- ---- ---- ---- ---- -19- -18- -20- ---- ---- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- --8- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -23- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --8- ---- ---- ---- ---- ---- -16- ---- ---- ---- ---- -12- ---- -10- ---- -10- ---- --8- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- --9- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- -16- ---- ---- ---- -16- ---- ---- ---- ---- ---- --1- --1- -22- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- ---- ---- -19- -21- ---- ---- ---- ---- ---- --8- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- --5- ---- ---- ---- --4- ---- ---- --7- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -17- ---- ---- --3- ---- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- -13- ---- ---- ---- -19- ---- ---- ---- ---- -13- --9- ---- -11- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- --1- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- ---- --1- ---- ---- --4- ---- ---- --5- ---- ---- --7- --7- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --9- ---- ---- ---- ---- --8- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- -22- -21- -19- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- --5- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- -12- ---- -11- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- 間奏 ---- --5- --8- ---- ---- ---- --0- ---- --3- ---- --4- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -20- ---- ---- -19- ---- ---- --2- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- --8- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --3- --2- ---- ---- ---- -10- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- ---- -10- --7- ---- --7- ---- -10- ---- ---- -17- ---- ---- -16- -22- -18- ---- -20- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --3- ---- ---- ---- ---- -17- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --8- ---- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- -12- ---- -10- ---- ---- ---- --9- ---- ---- ---- --6- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- --5- ---- --4- --7- ---- ---- -13- ---- ---- -13- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- -17- -17- ---- ---- ---- --4- --5- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -23- ---- ---- --9- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -17- ---- -20- --5- ---- --7- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -22- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- -16- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- -10- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- ---- ---- ---- ---- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- --3- ---- ---- ---- ---- --4- ---- ---- -18- ---- -18- ---- ---- -20- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -22- ---- -20- ---- ---- ---- ---- -13- -14- -17- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --1- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- -18- -17- ---- -16- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -16- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -10- ---- ---- -13- -11- ---- ---- -12- ---- ---- -18- ---- -23- ---- ---- --9- ---- --6- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -19- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- --5- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -23- ---- ---- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- ---- ---- --2- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -14- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- --2- ---- --3- ---- -15- ---- ---- ---- -12- ---- -13- -10- -10- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --4- -18- ---- ---- -19- -15- -14- ---- -11- ---- -10- ---- ---- ---- -15- -16- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- ---- ---- ---- --9- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- ---- ---- -12- ---- -14- ---- ---- -12- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- --9- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- --1- ---- ---- ---- --7- -11- ---- --8- ---- -11- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --2- ---- --2- ---- --7- --7- ---- --7- ---- ---- --4- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -12- ---- ---- ---- -16- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -23- ---- ---- ---- -20- ---- ---- ---- ---- -10- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- -15- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --7- --7- ---- --5- ---- ---- -10- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -17- ---- ---- -10- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -17- ---- ---- ---- ---- -13- ---- -18- ---- ---- ---- ---- ---- --4- --2- ---- --5- --4- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -21- ---- ---- -11- ---- ---- ---- ---- ---- --0- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --3- ---- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -20- ---- ---- -18- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- --8- ---- ---- ---- ---- -15- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --5- ---- --1- --1- ---- ---- --6- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- --6- ---- ---- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -13- ---- --3- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ----. ほんの 少 すこし 前 まえに 手 てに 入 いれたような 未来 みらいを 思 おもい 出 でと 一緒 いっしょに 丸 まるめて 投 なげ 捨 すてた まだ 先 さきは 長 ながいよ 荷物 にもつはもういいよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北 なんぼくへ 続 つづく 高架線 こうかせん この 先 さきにはきっとあると ささやいてる ゆっくりと 傾 かたむく 足元 あしもとに 気 きをつけて 思 おもうよりあなたは ずっと 強 つよいからね 耳鳴 みみなりがやまないな 君 きみの 声 こえがまだ 聞 きこえるよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北 なんぼくへ 続 つづく 高架線 こうかせん この 先 さきにはきっとあると ささやいてる 何億年 なんおくねんも 前 まえに つけた 傷跡 きずあとなら 残 のこって 消 きえなくてもいいさ 痛 いたみはもうないからね 血 ちのにじんだ 足跡 あしあと 置 おいていかれた 記憶 きおくも 誰 だれにだってあるだろ 隠 かくすつもりもないけど I am dreaming of a girl rocked my world 南北 なんぼくへ 続 つづく 高架線 こうかせん この 先 さきにはきっとあると ささやいてる Her name is Laura ほんの honno 少 suko し shi 前 mae に ni 手 te に ni 入 i れたような retayouna 未来 mirai を wo 思 omo い i 出 de と to 一緒 issyo に ni 丸 maru めて mete 投 na げ ge 捨 su てた teta まだ mada 先 saki は ha 長 naga いよ iyo 荷物 nimotsu はもういいよ hamouiiyo I am dreaming of a girl rocked my world 南北 nanboku へ he 続 tsudu く ku 高架線 koukasen この kono 先 saki にはきっとあると nihakittoaruto ささやいてる sasayaiteru ゆっくりと yukkurito 傾 katamu く ku 足元 ashimoto に ni 気 ki をつけて wotsukete 思 omo うよりあなたは uyorianataha ずっと zutto 強 tsuyo いからね ikarane 耳鳴 mimina りがやまないな rigayamanaina 君 kimi の no 声 koe がまだ gamada 聞 ki こえるよ koeruyo I am dreaming of a girl rocked my world 南北 nanboku へ he 続 tsudu く ku 高架線 koukasen この kono 先 saki にはきっとあると nihakittoaruto ささやいてる sasayaiteru 何億年 nanokunen も mo 前 mae に ni つけた tsuketa 傷跡 kizuato なら nara 残 noko って tte 消 ki えなくてもいいさ enakutemoiisa 痛 ita みはもうないからね mihamounaikarane 血 chi のにじんだ nonijinda 足跡 ashiato 置 o いていかれた iteikareta 記憶 kioku も mo 誰 dare にだってあるだろ nidattearudaro 隠 kaku すつもりもないけど sutsumorimonaikedo I am dreaming of a girl rocked my world 南北 nanboku へ he 続 tsudu く ku 高架線 koukasen この kono 先 saki にはきっとあると nihakittoaruto ささやいてる sasayaiteru Her name is Laura. しかし、「思うよりあなたは ずっと強いからね」というのは、そうやって緩やかにが降下していったとしても、心が強いから心配していないということなのでしょう。

歌詞 「高架線」ELLEGARDEN (無料)

ガガガSP 高架線 作詞:山本聡・コザック前田 作曲:山本聡 変わってゆくものと決して変わる事のないもの そこに行くまでの高架沿いを最近は歩いたかな 必ずあるものが無くなってしまうと 心の柱を無くしたようで逆に涙も出やしない ガード下を東へトボトボと歩けば この僕の全てを作った場所にふと来ていた 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 当たり前の日々を忘れさせる そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎて行くのさ あの頃と同じ様に 変わってゆくものと普遍を感じさせるものが 僕はどちらを選んでいいのか ホントに分からない 思い描いていた理想の将来は 今じゃ遠い昔の事だと途方に暮れている 更多更詳盡歌詞 在 クソ安い居酒屋でいつも夜が明けるまで 夢にだまされた奴らとよくバカをしたものです 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 見慣れた町並みの中にあった そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎる度に 行く先を示してくれた 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 当たり前の日々を輝かしてくれる そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎて行ったのさ これまでの僕の上を そしてこれからも そしてこれからも 高架線の列車の音を 聞きながら僕は歌っていくのさ もはやそれは変わりはしない 場所を変えども 歳は喰えども 高架線の列車の音と 共にこれからも歩んでいくだろう 我が地元神戸の街で. Artist : ELLEGARDEN Composer : 細美武士 Songwriter : 細美武士 Lyrics ほんの少し前に 手に入れたような未来を 思い出と一緒に 丸めて投げ捨てた まだ先は長いよ 荷物はもういいよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあると ささやいてる ゆっくりと傾く 足元に気をつけて 思うよりあなたは ずっと強いからね 耳鳴りがやまないな 君の声がまだ聞こえるよ 何億年も前に つけた傷跡なら残って 消えなくてもいいさ 痛みはもうないからね 血のにじんだ足跡 置いていかれた記憶も 誰にだってあるだろ 隠すつもりもないけど I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあると ささやいてる Her name is Laura 管理人訳 僕は僕の世界を揺るがす少女の夢を見てる 僕は僕の世界を揺るがす少女の夢を見てる 彼女の名前はローラ に戻る. この歌詞も、 2001年のヒットからたった一年後、Feederののジョンが自殺してしまい、一度は悲しみにくれたたちでしたが、活動は続けると決意し、バンド最高のヒット作4th「コンフォート・イン・サウンド Comfort in Sound 」を生み出したという姿に対して歌っているようにも聴こえますね。

  • 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

  • 変わってゆくものと決して変わる事のないもの そこに行くまでの高架沿いを最近は歩いたかな 必ずあるものが無くなってしまうと 心の柱を無くしたようで逆に涙も出やしない ガード下を東へトボトボと歩けば この僕の全てを作った場所にふと来ていた 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 当たり前の日々を忘れさせる そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎて行くのさ あの頃と同じ様に 変わってゆくものと普遍を感じさせるものが 僕はどちらを選んでいいのか ホントに分からない 思い描いていた理想の将来は 今じゃ遠い昔の事だと途方に暮れている クソ安い居酒屋でいつも夜が明けるまで 夢にだまされた奴らとよくバカをしたものです 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 見慣れた町並みの中にあった そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎる度に 行く先を示してくれた 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 当たり前の日々を輝かしてくれる そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎて行ったのさ これまでの僕の上を そしてこれからも そしてこれからも 高架線の列車の音を 聞きながら僕は歌っていくのさ もはやそれは変わりはしない 場所を変えども 歳は喰えども 高架線の列車の音と 共にこれからも歩んでいくだろう 我が地元神戸の街で 基本情報. ELLEGARDENの「高架線」を歌詞解釈! 今でも俺の世界を揺さぶったあの女の子(が出てくる曲)が今も夢に出てくる" "Laura"という名前は、人ではなくて、この「Seven Days In The Sun」という曲自体という解釈を採用すると、 手に入れた未来を全て投げ捨てても仕切り直したかったのは、自分を震撼させた「Seven Days In The Sun」が今も夢に出てくるくらい耳に残っているからだったのですね。

【歌詞】乃木坂46

ガガガSPさん『高架線』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

  • 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

高架線の歌詞

各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

  • 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

  • 自分が震撼した「Seven Days In The Sun」という曲が、夢に出てくるくらい耳に焼き付いているということです。

”高架線” by ガガガSP

そうだとすると、曲中に出てくる「I am dreaming of a girl ed my world」というも、俺の世界を揺さぶったあの曲が今も夢に出てくるというような訳ができますね。

  • All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

  • All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

ELLEGARDEN 高架線 歌詞&動画視聴

這首似乎是跟她畢業有關的歌,還滿好聽的 附上日文歌詞,以及Sony Music所翻譯的中文歌詞 ------------------------------------------------- 電車が近づく 気配が好きなんだ 高架線のその下で耳を澄ましてた 柱の落書き 数字とイニシャルは 誰が誰に何を残そうとしたのだろう 歳月 とき の流れは 歳月の流れは 教えてくれる 教えてくれる 過ぎ去った普通の日々が かけがえのない足跡と… サヨナラに強くなれ この出会いに意味がある 悲しみの先に続く 僕たちの未来 始まりはいつだって そう何かが終わること もう一度君を抱きしめて 守りたかった 愛に代わるもの 電車が通過する 轟音 ごうおん と風の中 君の唇が動いたけど 聴こえない 静寂が戻り 答えを待つ君に 僕は目を見て微笑みながら 頷いた 大切なもの 大切なもの 遠ざかっても 遠ざかっても 新しい出会いがまた いつかはきっとやって来る サヨナラを振り向くな 追いかけてもしょうがない 思い出は 今いる場所に置いて行こうよ 終わることためらって 人は皆立ち止まるけど 僕たちは抱き合ってた 腕を離して もっと強くなる 躊躇してた間に 陽は沈む 切なく 遠くに見える鉄塔 ぼやけてく 確かな距離 君が好きだけど 君が好きだけど ちゃんと言わなくちゃいけない 見つめあった瞳が星空になる サヨナラは通過点 これからだって何度もある 後ろ手 で でピースしながら 歩き出せるだろう 君らしく… サヨナラに強くなれ この出会いに意味がある 悲しみの先に続く 僕たちの未来 始まりはいつだって そう何かが終わること もう一度君を抱きしめて 本当の気持ち問いかけた 失いたくない 守りたかった 愛に代わるもの ----- 中文歌詞 By Sony Music ---- 電車漸漸接近 我喜歡那種感覺 在高架電纜下傾聽著 柱子上的塗鴉 那些數字及名字縮寫 是誰想留給誰的訊息呢 歲月的流逝 教會了我 那些過去的普通日子 都是無可替代的足跡 說了再見後變得更堅強 這段際遇因而有了意義 悲傷的盡頭依然存在著 屬於我們的未來 無論何時 只要有開始 就一定也會有結束的一天 再一次緊緊擁抱你 代替想要守護的愛情 電車疾駛而過 那聲響及風之中 你的嘴唇微微動著 但我卻聽不見 一切又靜了下來 等待答覆的你 我看著你的雙眼 微笑著點頭 最重要的事物 就算漸漸遠去 嶄新的際遇 總有一天一定會再出現 說了再見後就別再回頭 追尋過往也無濟於事 回憶就在這裡將它放下吧 為了結束而徬徨 人們因此停下腳步 相互擁抱的我們 放開了雙臂後 要變得更堅強 不知不覺在遲疑時 太陽已經西沉 如此感傷 位於遠處的鐵塔 漸漸模糊 確切的距離 雖然我很喜歡你 但還是不得不說出口 互視的眼眸化成了星空 再見只是一個過程 在這之後仍會反覆經歷 你的手在背後擺出勝利的手勢 接著昂首闊步 多像你的風格 說了再見後變得更堅強 這段際遇因而有了意義 悲傷的盡頭依然存在著 屬於我們的未來 無論何時 只要有開始 就一定也會有結束的一天 再一次緊緊擁抱你 問問你真正的感受 我不想失去 想要守護的愛情所換來的事物。

  • ELLEGARDENさん『高架線』の歌詞 コウカセン words by ホソミタケシ music by ホソミタケシ Performed by エルレガーデン. では、このように"Laura"の意味を捉えるとしたら、この「高架線」という曲の解釈はどうなるのでしょうか。

  • 俺を揺さぶるような音楽をくれた「あなた」は、強いから心配はしていないけど 「ゆっくりと傾く 足元に気つけて」という歌詞は、どんなに登りつめても栄光にはいつかは翳りが生まれることもあるということなのでしょう。




2021 govotebot.rga.com