公益 社団 法人 及び 公益 財団 法人 の 認定 等 に関する 法律 - 公益法人認定法(コウエキホウジンニンテイホウ)とは

及び 認定 公益 法律 等 の 公益 社団 法人 法人 財団 に関する 千葉県公益認定等審議会/千葉県

公益法人

及び 認定 公益 法律 等 の 公益 社団 法人 法人 財団 に関する 公益法人認定法(コウエキホウジンニンテイホウ)とは

及び 認定 公益 法律 等 の 公益 社団 法人 法人 財団 に関する Accounting&Auditing: 法人税等の表示~公益法人

及び 認定 公益 法律 等 の 公益 社団 法人 法人 財団 に関する Accounting&Auditing: 法人税等の表示~公益法人

一般社団法人・一般財団法人と法人税|国税庁

及び 認定 公益 法律 等 の 公益 社団 法人 法人 財団 に関する 公益法人認定法(コウエキホウジンニンテイホウ)とは

公益法人認定法(コウエキホウジンニンテイホウ)とは

及び 認定 公益 法律 等 の 公益 社団 法人 法人 財団 に関する 公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律施行規則

及び 認定 公益 法律 等 の 公益 社団 法人 法人 財団 に関する 公益法人制度(公益社団法人・公益財団法人の認定を受けるには)

及び 認定 公益 法律 等 の 公益 社団 法人 法人 財団 に関する 公益法人制度とNPO法人制度の比較について :

e

及び 認定 公益 法律 等 の 公益 社団 法人 法人 財団 に関する 公益法人制度(公益社団法人・公益財団法人の認定を受けるには)

及び 認定 公益 法律 等 の 公益 社団 法人 法人 財団 に関する 一般社団法人・一般財団法人と法人税|国税庁

千葉県公益認定等審議会/千葉県

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(新公益法人手続センター)

一 理事会を置く特例社団法人(以下この款において「理事会設置特例社団法人」という。

  • (登記に関する経過措置) 第七十七条 旧民法の規定による旧社団法人及び旧財団法人の登記は、一般社団・財団法人法の相当規定(次条の規定により読み替えて適用する場合を含む。

  • 次号において同じ。

公益法人制度(公益社団法人・公益財団法人の認定を受けるには)

)の規定に違反して、財産目録等を備え置かず、又は財産目録等に虚偽の記載若しくは記録をしたとき。

  • ) 四 特定費用準備資金(積立限度額に達するまでの資金に限る。

  • )の議決権の十分の一(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上の議決権を有する社員が同項」とあるのは「総評議員の十分の一(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上の評議員が前項」と、第115条第1項中「第301条第2項第12号」とあるのは「第302条第2項第10号」と、第116条第1項中「第84条第1項第2号」とあるのは「第197条において準用する第84条第1項第2号」と、第117条第1項及び第118条中「役員等」とあるのは「役員等又は評議員」と、第117条第2項第1号ニ中「第128条第3項」とあるのは「第199条において準用する第128条第3項」と読み替えるものとする。

公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律|条文|法令リード

)第九十八条第五号(新投信法第百五十一条第六項において準用する場合を含む。

  • 2 行政庁は、前項の規定により認定を取り消したときは、遅滞なく、その旨を旧主務官庁に通知しなければならない。

  • 2 委員会は、前項の勧告をしたときは、内閣府令で定めるところにより、当該勧告の内容を公表しなければならない。

公益法人の認定(公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律)(総務部総務課)|滋賀県ホームページ

)の規定により警察庁長官等の意見を聴こうとするときは、あらかじめ、当該意見聴取に係る法人について法第六条 各号に該当するか否かの調査(法第八条第一号 及び第三号 の規定による意見聴取を含む。

  • 2 前項の場合には、公益法人認定法第四条の認定を受けた公益法人は、内閣府令で定めるところにより、遅滞なく、第百二十四条の確認を受けたものとみなされた旨を従前の認可行政庁に届け出なければならない。

  • )は、施行日以後は、この款の定めるところにより、一般社団・財団法人法の規定による一般社団法人として存続するものとする。

公益法人

)の規定に違反したとき。

  • また、平成13年10月には、税制上の優遇措置が付与される認定特定非営利活動法人(認定 NPO法人)制度が創設されました。

  • (遊休財産額の保有の上限額) 第二十一条 法第十六条第一項 の内閣府令で定めるところにより算定した額は、第一号から第三号までに掲げる額の合計額から第四号から第六号までに掲げる額の合計額を控除して得た額とする。

e

) 七 公益認定を受けた日の前に取得した財産であって同日以後に内閣府令で定める方法により公益目的事業の用に供するものである旨を表示した財産 八 前各号に掲げるもののほか、当該公益法人が公益目的事業を行うことにより取得し、又は公益目的事業を行うために保有していると認められるものとして内閣府令で定める財産 第三款 公益法人の計算等の特則 (収益事業等の区分経理)第十九条 収益事業等に関する会計は、公益目的事業に関する会計から区分し、各収益事業等ごとに特別の会計として経理しなければならない。

  • 5 旧有限責任中間法人の理事又は清算人は、前項の規定に違反した場合には、百万円以下の過料に処する。

  • また公益法人のうち特定の要件を満たしたものは、主務官庁と財務省の認定によって特定公益増進法人になることができました。

NPOに関するQ&A:公益法人制度について

制度の照会及び具体的な手続については、下記のホームページをご覧いただくほか、上記問い合わせ先にお尋ねください。

  • 既存公益法人の移行 新法施行後5年以内に既存公益法人(旧民法法人)は、新公益法人または一般法人に移行申請をすることができます。

  • 1 その理事、監事及び評議員のうちに、次のいずれかに該当する者があるもの イ 公益法人が第29条第1項又は第2項の規定により公益認定を取り消された場合において、その取消しの原因となった事実があった日以前1年内に当該公益法人の業務を行う理事であった者でその取消しの日から5年を経過しないもの ロ この法律、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律 (平成18年法律第48号。

公益法人制度関係法令とガイドライン−内閣府

2 特例社団法人については、一般社団・財団法人法第三十七条第二項、第三十八条第一項第三号及び第五号、第四十三条から第四十七条まで、第五十五条並びに第五十七条の規定は、適用しない。

  • 5 旧財団法人の寄附行為における監事を置く旨の定めは、一般社団・財団法人法に規定する監事を置く旨の定めとみなす。

  • )並びに第二百三条の規定は、公益法人認定法附則第一項第二号に掲げる規定の施行の日から施行する。




2021 govotebot.rga.com